やっとトイレいけたよ! 〜1年半のトイトレ戦記〜

f:id:mameco98:20200903230651p:plain

 

「トイレトレーニングを保育園に任せるなんて、できないっ!私は真面目な母親だから、早くトイトレしてオムツを外すのよ」なんて意気込んでいた一年半前。

そうです、私、一年半もトイトレやってるんですよ。フフ。。。

 

娘が1歳半になる頃、補助便座を買いました。

 

▼良くあるやつね

 

 

最初は、座るだけ〜〜と気楽に考え、便座に座れただけで「やったね!えらいね!!」と褒めていました。

私がお手洗いに入ると娘も一緒に入りたがったので、
「もしやトイレに興味が出てきたか!?オムツはずれもすぐだなムフフ」
と思っていました。(後になってみれば、ただ単に娘が私を好きすぎて片時も離れたくなかっただけである)

 

「2歳の夏がチャンス!」と良く聞いていたので、ちょうど2歳ぴったりの去年の夏、トイレに誘う頻度を増やしました。

だけど、娘も自己主張が強くなってきて、「トイレ行きたくない!」と言うように。

もう、断固拒否であります。

 

そして去年の夏が終わってしまったのです。

「ま、まあ2歳の夏なんてね。1〜2歳の夏、じゃなくて2〜3歳の夏だからね。ハハハ・・・」と言い訳をして、また目を瞑ることに。

 

気づけば3歳間際。義母からは、
「○○(義姉)の時はねぇ、2歳の夏に1週間で取れたのよ!」と言われ、辛かった・・・。

(義母は悪い人ではないのですが、この義姉がどうやら自慢のようである。というよりむしろ自分の子供全員が自慢の子なので、自慢話を聞く私はアップアップである^^;)

 

焦った私は「こどもチャレンジ」に助けを求めた。

ちょうどコロナ禍で保育園を自粛していたこともあったので、この機会にオムツとるぞ!と意気込んだのである。

トレパンマンも買ってしまじろうのトイトレ絵本も読みご褒美シールも授け、今度こそ、今度こそ、と・・・!

 

しまじろうのトイレッシャーという、トイトレ玩具をトイレに置いていたのだが、それはある程度楽しんでいたようでした。

が、しかし、ボタンを2、3回押して音楽を流したら、それでおしまい。ちっとも出ず。

 

「もう少し座ってみない?」と聞いても、「やだ!!!」の一言である。

しまじろうでさえ効かない娘の頑固さよ。。。

 

何が悪いんだろう?と思って、トレパンマンだけでなく、本当のパンツも買って、「お姉さんパンツだねぇ!」とおだててみた。
娘は大変喜んだけど、でもダメ。何度も失敗して、その度泣かれ、「大丈夫だよっ練習中なんだから!何度も失敗しても大丈夫!!」と励まし、心の中で泣き・・・

 

そんな折、全く見なくなったSNSを、たまたま情報収集しようと思い開いた途端、同い年の子を持つ同級生が「オムツ卒業しました⭐︎」なんて投稿を見た日にゃあ、……。

 

(余談ですが、SNSにこどもの成長日記を書くのはなぜですかね?みんな、その人が結婚する前からの友人で、その人個人が好きなのだから、子は興味ないと思うのだけど…と考えてしまうので、私は子供のことあまり書かない。そもそもSNSも辞めてしまった)

 

でもね、その日はある日突然来たのです。

 

3歳1ヶ月の娘。なんと、まさに今日、

トイレ成功しましたぁ〜〜〜〜!!!

 

どんどんぱふぱふ〜〜!

 

いや、ほんと突然でしたよ。

最近、「おしっこ出ちゃう〜〜」と股を押さえるようになったんです。
今朝もそうなったので、「じゃあトイレ行こう!」と半ば強引にGo  to トイレ。

今日も出ないかなぁ〜なんてのんびり待っていたら、!!!!!

 

出たっ!!!

 

娘もビックリ顔で泣き出しそうでしたが、私が拍手&大絶賛で褒めちぎる(育児本で、「できたら大袈裟に褒めろ」と書いてあるのを思い出した)と、娘の顔がパァッと明るくなって、

「わたし、トイレできたのよーーー!」

と大はしゃぎして、眠気まなこの主人にも大声で報告。

 

なんと、保育園でも初めてトイレできたとのこと。このまま勢いに乗ってくれッ!

 

そんなこんなで私の1年半のトイトレ生活、やっと、やっと終わりの兆しが見えてきました…!

 

てかこんなにかかるなら、1歳半なんて早い段階からやらなきゃよかったよ。どうせ大人になったら勝手にオムツ外れるし…。

 

とにもかくにも嬉しい、トイレ記念日となりました。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村