アートこそ"オフライン"で

東京のコロナ感染者が増えている中、こんなことを言うのは気が引ける。

 

「絵画なんて、教科書で見るのといっしょ」

そう思っていた私が、ああこれはリアルでないと、と感銘を受けた展示があった。

 

それは、2015年に開催されたモネ展の「印象、日の出」。

 

f:id:mameco98:20200708154629p:image

 

ちょうど、太陽が描かれている部分に光があたって、本当にきらきらと輝いていた。

絵が発光していた。

 

空のうねり、水面の揺れの、

絵の具がのった感じ、その感触。

印刷されるのとは違う、モネの目で見た色彩。

 

こういうのは、本物を見に行かないと、わからない。

印刷されたペーパーや、映し出されたディスプレイでは伝わらない。

 

おんなじことは、音楽にも言える。

オーケストラの演奏は、ぜひ一度、ホールで聴いてみてほしい。

演者の息遣い、弓のこすれる音まで聞こえてくるよう。

その演奏会がいかにアツいか、そのアツさに自身が脈打つ感覚は、やっぱり聴きにいかないと、わからない。

 

 

アートは、食べていくのに何の役にも立たない。だけど、生きていくのにとても役に立つ。

 

本質を見抜く力。

普遍的な価値を知ること。

相手と比べないで自分を保つ方法。

知らなかった自己を省みる時間。

 

机の前に向かわなくても、ちょっと美術館やホールに行くだけで、少しわかったかんじがする。

それはきっと、「息苦しいなぁ」という日常にとって、ひとさじのスパイスになる。

 

ぜひに、オフラインで感じてほしい。そういう時は、目一杯好きなお洒落をしてね。

 

何でもない日に大切な家族や友人と一緒に訪れて、帰りにはお茶を飲んで帰る、あの日常が戻ってくることを、切に願っています。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ  にほんブログ村 子育てブログ 2017年4月~18年3月生まれの子へ