ありがとう、ブンバ・ボーン。

f:id:mameco98:20190219091337j:image

「おかあさんといっしょ」のよしお兄さんとりさお姉さんが卒業されるらしい。昨日のニュースで知った。

 

実は、私たち親子の「おかあさんといっしょ」歴は浅い。今年に入ってから見始めたので、まだ1ヶ月ちょっとだ。

だけど、懐かしい童謡。優しい雰囲気。すぐに虜になった。

 

パントのお姉さんこと、りさお姉さんの身体のしなやかさが好きだった。隅々まで神経のコントロールが効いている、柔軟でありながら緊張感のある指先。そこに本当に物があるかのような演技。優しい笑顔。コンサートでいつも、「お父さんもお母さんも楽しんでくださいね」と言ってくれるのが、胸に沁みた。

わたしはパントを見て、ああ、子供とこういう風に遊べばいいんだって学んだ。そういえば私もこういうの好きだった。雪だるまを作るマネ、ご飯を食べるマネ、シャボン玉で遊ぶマネ。子供って、想像力豊かなのねぇ。それを思い出させてくれて、娘にとっての遊びのバリエーションを増やしてくれた。どうもありがとう。

 

よしお兄さん。変顔が素敵だった。娘はブンバボーンが大好きだ。たどたどしい発音で「ばぼん?ばぼん?」と、私にブンバボーンを歌うことを要求する。歌ってあげると、満面の笑みを浮かべながら小さい体を精一杯動かす。あの、ブンバボーンの魅力はどこにあるんだろう。歌?動き?お兄さんの人柄?とにかく娘はブンバボーンに夢中だ。ブンバボーンのおかげで、娘と一緒にできる体操が増えた。グズグズな時に口ずさんで気を紛らわす、お気に入りソングが増えた。どうもありがとう。

 

たった1ヶ月半しか見られなかったけど、こんなにも子供とのふれあいのヒントを残してくれた。感謝しかない。ある日急にブンバボーンが流れなくなって、娘はどう思うかな。わかるかな?もう会えないんだよ、体操のお兄さんとお姉さんには。卒業ってそういうことなんだよ。お兄さんとお姉さんが、新たな舞台で活躍するってことだよ。説明してもきっとわからないだろうけど、彼女の心に去就するであろう寂寞とした想いに今から胸が締め付けられる気分。わたしもさみしい。お兄さん、お姉さん、新米母に色々と教えてくれてありがとう。これからもがんばってください。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ  にほんブログ村 子育てブログ 2017年4月~18年3月生まれの子へ