愛しいものを精一杯守る日々を、神様どうか、宝石にして私の胸に仕舞わせておいて

f:id:mameco98:20190116232628j:image

「頭をペコっと下げて、一生懸命(ありがとう)の気持ちを伝えていました。」


先日、娘の保育園の連絡帳にそう書かれてあった。私はこの一文を読んで、少し泣いてしまった。これは家庭の中で、私たち夫婦が幾たびも言い聞かせてきたことだった。それを自分から、親のいないところでできるようになったんだ。

 

 

 

 


きみはいたずらが好きで、


f:id:mameco98:20190116232112j:image


音楽が好きで、


f:id:mameco98:20190116232156j:image


なんにでも一生懸命だ。


f:id:mameco98:20190116232218j:image

 

 

 


「靴を履いて」のお願いを聞かなかったり、


f:id:mameco98:20190116232242j:image


公園から帰るのにもグズったり、


f:id:mameco98:20190116232330j:image


帽子と保育園エプロンという、変なファッションをしたがったり、


f:id:mameco98:20190116232340j:image


「こうしたい!」という意思を表現するようになった。

 

 

 


私はそれに参ってしまう時がある。
「お願いだから言うこと聞いて」と内心思うことがある。
なぜこんなに泣くの、なぜ寝ないの、なぜ言うことを聞かないの、なぜ、と、心が冷たくなる瞬間がある。

 

 


でも、

 

 


いつだって抱っこしてほしくて、


f:id:mameco98:20190116232643j:image


いつだって大人の真似がしたくて、


f:id:mameco98:20190116232654j:image


私たちのことが大好きだって、よーく伝わってくるんだよ。

 

 


ぎゅ〜っとして頬をすり合わせてると、笑顔になる。私ってこんなになにかを愛することができたんだって、自分でも驚く。泉のように湧き溢れる愛情。あなたがくれたから私もあげる、なんて、そんな駆け引きの一切いらない、与えるだけで精一杯の。私もきみのことが好きで好きで、仕方がないよ。

 


こら、だめ、あぶない!大丈夫だよ、やったね、頑張ったんだね。あっちこっち走り回って、片付けて、謝って、それでも目を離せないで、落ち着いて考える時間すらない。

 


だけど、こうして愛しいものを一生懸命に守る日々は、もう何年もしたら、終わってしまう。あとは1人で頑張るきみの背中を黙って見守ることしかできない。私が持てる限りの体力と気力できみを守ってきた毎日を、いつでも見返せるように、宝石にしてしまっておきたい。いつまでもこのままでいたいような、早く成長した姿を見たいような、複雑な気持ち。

 

伝わるかな?ママはきみの成長に置いていかれないように、走り続けるからね。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 2017年4月~18年3月生まれの子へ